スポンサーリンク

icocaカード

icocaは、JR西日本が発行しているICカードです。

現金や情報をためておく事の出来る前払い(プリペイド)式のカードで、交通機関を利用する場合には大変便利なカードですよね。

スポンサーリンク

icocaの購入場所と使い方

icocaは発行、購入が手軽にできますので、すぐに交通系ICカードが必要な方におすすめのカードです。

icocaを購入できる場所は以下の2ヶ所です。

  • JR西日本の駅の「みどりの窓口」
  • icocaマークのある駅の自動券売機

コンビニでは使用する事はできますが、購入する事は出来ません。

購入する時は2,000円が必要です。

500円はデポジット(預り保証金)になり、残りの1,500円が運賃として使用する事が出来ます。

icocaはチャージをしておくことにより、改札機にタッチするだけで、乗車区間の運賃を自動的に精算する事が出来ます。

icocaのチャージ方法

icocaのチャージは以下の場所で行えます。

  • icocaマークのある自動券売機、チャージ機
  • ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンなどのコンビニ

駅構内に設置されている専用チャージ機や券売機でチャージする場合は、操作方法が表示されますのでそれに従って行って下さい。

コンビニでチャージをする際は、定員の指示に従いチャージしたい金額を現金で支払い、カードリーダーにicocaをタッチすれば完了です。

チャージ入金の金額は、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円です。

なり、カード内残額が20,000円を超えるチャージはできません。

icocaは現金のチャージのみとなります。

クレジットでチャージする場合はクレジット機能付きのSMART ICOCAが必要になります。

SMART ICOCAは、ほぼすべてのクレジットカードからチャージする事が出来ます。

SMART ICOCAでチャージをすると、列車での利用に応じてJ‐WESTポイントが貯まります。

リクルートカード、イオンカード、ライフカードでチャージをしてもポイントが貯めることができます。

チャージ額の払い戻しは駅窓口で簡単する事が出来、カードの残高が210円以下なら500円のデポジット代(預り保証金)が返ってきます。

210円以上なら払い戻し手数料が210円かかります。

icocaの残高確認

残高を確認するには、icocaの利用できる自動券売機、チャージ機、のりこし精算機、乗継精算機や自動改札機を通る際に上面のディスプレイに表示されたもので行う事が出来ます。

コンビニで買い物をした時に、icocaカードで支払いをするとレシートに残高が表示されます。

icocaの残高は、チャージ分を使いきれば窓口で500円が戻ってきます。

残高がある場合は手数料がかかりますが返金してもらう事が出来ます。

履歴を確認する場合は、駅の自動券売機にicocaを入れ「履歴表示」ボタンを押すと最近の20件まで見る事が出来ます。

履歴は「履歴印字」で印刷する事も可能です。

SMART ICOCAの場合は、過去6ヶ月までの履歴をネットでスマートフォンやパソコンから確認する事がが出来ます。

スポンサーリンク