スポンサーリンク

ピタパチャージや残高確認!使い方は?

ピタパとは近畿や東海、北陸地方などの一部の地域で利用できるICカードです。

近畿圏だけでなく、静岡や岡山など広範囲で利用することができます。

スポンサーリンク

Pitapaチャージ方法

Pitapaのチャージ方法は2通りあります。

  • 現金チャージ
  • オートチャージ

現金チャージは、交通系ICカードの全国相互利用サービス対象エリア内の主な駅の券売機等で現金によるチャージができます。

チャージ金額の上限は20,000円になり、ショッピングへの利用は出来ません。

オートチャージは、Pitapa交通エリアの改札機、バス運賃箱読み取り部でカード残高が1,000円以下であると、自動的に2,000円をカード内にチャージするシステムです。

ただし、IC定期券の有効区間内やJRの改札機の場合、カード残高が1,000円以下であってもオートチャージされません。

Pitapaは現金のみで、クレジットでチャージする事はできません。

また、Pitapa機能付きのクレジットカードも一体になっているだけで、クレジットでのチャージは不可です。

退会の場合の払い戻し

カードを退会、カードの再発行、カードの更新、カードの有効期限が過ぎた場合は、ご指定の金融機関口座にチャージ額が払い戻しされます。

退会の場合のみ、カード1枚当たり500円(税別)の払い戻し手数料がかかります。

チャージの残高や履歴は、会員専用インターネット「pitapa倶楽部」や改札でタッチした際に改札機の画面で確認する事が出来ます。

Pitapaカードの使い方と割引

Pitapaカードは交通機関やショッピングに利用できます。

電車やバスを利用する場合、改札機や運賃箱の読取部にカードをタッチするだけで、支払いはできます。

Pitapaショッピング加盟店で利用する際は、読取部にタッチするだけで支払いが完了します。

サイン、暗証番号の入力の必要はありません。

Pitapaの割引サービスもあります。

  • 利用回数割引
  • 利用額割引
  • 区間指定割引

利用回数割引:1ヶ月間(1日〜末日)に同一社線の同一運賃区間を11回以上利用した場合、11回目から自動的に割引になる

利用額割引:1ヶ月の利用額に応じて割引が適用される

区間指定割引:事前によく利用する区間を登録で適用される

他にも、大阪市営地下鉄では、1回のみの乗車でも運賃が1割引される割引制度があります。

なお、割引が適用される鉄道会社は異なりますので、確認が必要です。

Pitapaの定期や解約方法は?紛失した場合は?

Pitapaの定期の申し込みや更新はインターネットでする事が出来ます。

また、阪急電鉄や南海電鉄では定期券発売所、定期券が買える券売機でも申し込みや更新する事が出来ます。

解約をする場合は、Pitapaまたは提携カードコールセンターに電話連絡し、解約届とカード返却用の封筒を郵送してもらい手続きを行います。

Pitapaを解約しチャージ残額がある場合は、払い戻し手数料が525円かかります。

紛失した場合は「pitapaコールセンター紛失、盗難デスク」まで連絡をすれば再発行が可能です。

スポンサーリンク