スポンサーリンク

Suicaチャージ方法

Suica(スイカ)は、JR東日本・東京モノレール・東京臨海高速鉄道などで導入されている共通乗車カード・電子マネーです。

Suicaの特徴やチャージ方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

Suicaのチャージ方法はクレジットカードやコンビニでも!

Suicaは主に駅の自動券売機・多機能券売機でチャージが可能です。

券売機前にて、現金投入前にICカードを挿入し、ご希望のチャージ金額を選択します。

選択肢としては500・1000・2000・3000・5000・10000円で、選択後に入金します。

ピーピーとチャージ終了音が流れ、ICカードが券売機から戻ってきたら完了です。

viewマークのある、多機能券売機と駅のATM「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)では、ビューカード決済可能です。

※ビューカード決済は、クレジットカードからsuicaへチャージを行なうことをいいます。

ビューアルッテは初電から終電まで利用でき、年中無休です。メンテナンス等で使えなくなる日があるようなので、あらかじめ注意が必要です。

現在は、主要なコンビニエンスストアでもチャージが可能です。

あまり見かけないコンビニエンスストアでも、チャージ用の専用端末がレジに搭載されいればチャージ可能です。

Suicaのチャージ上限や払い戻し方法は?

suicaの上限金額は20,000円までです。この金額までは何度でも入金可能です。

払い戻しの方法は、suicaエリア内のJR東日本の駅のみどりの窓口で払い戻しができます。

それ以外の駅やバス営業所では、払い戻しはできません。

PASMOなどのJR東日本以外で発行されたICカードは、上記の窓口では払い戻しができません。

発行されたエリアの駅に行って、払い戻し申請をしましょう。

払い戻しの際、必要なものは公的身分証明書です。

代理人が行う場合は、suica記名人の本人証明書と代理人の本人証明書が必要となるので注意が必要になります。

Suicaの履歴や残高確認は?ポイントの貯め方は?

駅構内の自動券売機または多機能券売機でご確認できます。

お使いになった履歴確認と印字、チャージ金額残高の確認が可能です。

履歴表示は、一番最後の利用から20件まで表示されます。

履歴印字は、最後の利用から最大100件まで表示されます。

ただし、一日のご利用が21回以上の場合や、改札機にタッチしていない場合等は印字されない可能性があるようです。

ご利用から26習慣を超えた履歴は印字されません。

自動券売機以外の方法として、suicaインターネットサービスでのご確認が可能です。

しかし、この方法はsuicaインターネットサービス以外のチャージ履歴はご確認いただけませんので、注意が必要です。

ポイントのため方は、お持ちのsuicaをsuicaポイントクラブに登録するとポイントを貯められるようになります。

普段お使いのsuicaのID番号を登録するのみです。

登録した後は今までのように、suicaを使って買い物をするだけでポイントが貯まります。

ここで注意が必要なのは、ポイントが付与されるのはポイントクラブ加盟店でのみということです。

駅ナカのお店では大体加盟しており、街中でも加盟店であれば貯めることができます。

電車に乗るときだけではなく、お買い物の際にも便利なsuica。

ただチャージして消費するだけではなく、ポイントとして返ってくるのはとてもお得ですよね。今日からたくさん使って、ポイントで得をしませんか。

スポンサーリンク