スポンサーリンク

ゆうパック料金

物を送る時に活用している方も多い、郵便局の「ゆうパック

料金は重さやサイズによって一体どれくらい違うのでしょうか。

スポンサーリンク

ゆうパックの基本料金はサイズや重さで違う?

ゆうパックは長さ・幅・厚さの合計が1.7メートル以内のもの、重さは30キロ以内のものを条件として荷物を扱っています。

基本料金はサイズと郵送距離によって決まります。

重さは30キロ以内であれば料金は変化しません。

サイズは60、80、100、120、140、160、170センチサイズまでの7サイズに分かれています。

距離は県内、第1~第7地帯まであり、このサイズと距離によって料金が変わってきます。

一番安い料金は60センチサイズ、同一県内に送る場合690円で送ることが出来ます。

郵便局のホームページでサイズ、重さ、荷物の個数、差出地、宛先地を入力すると料金を知ることが出来ます。

ゆうパックの料金!箱代はいくら?

ゆうパックでは5種類のサイズの箱があります。

・箱(小) 100円
・箱(中) 140円
・箱(大) 210円
・箱(特大) 370円
・箱(三角) 120円

三角の箱はポスターなどを送る時に便利ですね。

箱のサイズは箱(小)で縦175mm×横225mm×高さ145mmから箱(特大)縦345mm×横445mm×高さ340mmまであります。

ゆうパックでは箱のご用意のほか、2種類の袋タイプもあります。

袋(大)は230円、袋(小)は100円です。

ゆうパックの料金は持ち込みだと割引?コンビニ持ち込みでも割引対象?

ゆうパックでは事業所の郵便窓口に配達物を直接持ち込むと1個につき120円の持ち込み割引があります。

もちろんコンビニでも持ち込めば適用されます。

その他に同じあて先に複数個差し出すと1個につき60円の複数口割引があります。

また差出日前1年以内に差し出されたゆうパックで同一のあて先が記載されているゆうパックのラベルの控えを差し出すと1個につき60円の同一あて先割引があります。

持込割引と複数口割引または同一あて先割引は併用することが可能です。

こちらもコンビニでの適応が可能です。

頻繁に同一あて先に送る場合はラベルの控えを保管しておくことをおすすめします。

ゆうパックは重さによって料金が変わらないんですね。

小さくて、重いもの(上限30キロ)を送るにはゆうパックが一番お得な配達方法なのではないでしょうか。

スポンサーリンク