スポンサーリンク

PASMOオートチャージ

PASMOパスモ)は、首都圏を中心に全国の鉄道 ・バスで切符代わりに利用できるICカードです。

事前にチャージをしておけば現金を持たなくても交通機関を利用することができるのでとても便利です。

また、PASMOにチャージしたお金はコンビニ等お店でも電子マネーとして使えます。

スポンサーリンク

PASMOのオートチャージの設定の変更や解約は?

POSMOのオートチャージを利用すると、改札機にタッチするだけで、残高が設定した金額以下だった場合は自動的にチャージする事ができます。

クイックチャージも利用できます。

オートチャージは改札機での入場時のみ発動され、加盟店でのお買い物や、ロッカー、自販機での決済時には発動しません。

オートチャージを使うためには、

TOKYU CARD、Tokyo Metro To Me CARD、小田急OPクレジットカード

などの対応しているクレジットカードが必要になります。

PASMOエリア、首都圏、仙台、新潟のSuikaエリアでの改札入場時に行われ、それ以外の相互利用可能な全国のICカードエリアでは、オートチャージは発動しません。

ただし、自動券売機等ならクレジット決済によるクイックチャージができます。

PASMOのチャージ金額の上限は?

申し込み時の初期設定は、残高が2,000円以下の時に3,000円がチャージされる設定になっています。

オートチャージする条件や金額は駅で変更する事が出来、利用限度額は1日当たり10,000円で1ヶ月当たり50,000円になっています。

オートチャージサービスのみを解約したい場合は、PASMO鉄道事業者の駅で手続きをする事が出来ますが、公的証明書(免許書)などが必要になります。

オートチャージサービスの有効期限は、現在使用されているクレジットカードの有効期限と同じになります。

更新する場合は、オートチャージサービスの有効期限が切れる7日前から有効期限後の6ヶ月の間に、PASMO取扱い事業所の駅で更新したいPASMOを持参して延長手続きを行う必要があります。

PASMOの定期は払い戻しできる?残高確認は?

PASMOの定期は払い戻す事が出来ます。

払い戻しの手数料は事業所によって異なり、定期券の残りの有効期限によっては払い戻し額が無い場合もあります。

払い戻しをする際は、定期券を購入した事業所で確認してみてください。

また、PASMOの残高は、駅の券売機やバス営業所等で履歴として直近20件まで、表示・印字する事が出来ます。

NFC対応のスマートフォンでは、アプリによって手軽に残高確認をする事が出来ます。

PASMOのホームページでは、さまざまな利用方法や困った時の対処法が詳しく紹介されていますので、ぜひ確認してみてくださいね。

スポンサーリンク