スポンサーリンク

りそな銀行の手数料は無料?コンビニのATMや窓口は?

ATM

りそな銀行はりそなホールディングス傘下の子会社の都市銀行。

3大メガバンクに次ぐ勢いのある銀行です。

りそな銀行の店舗はりそな、埼玉りそな、近畿大阪、りそな信託を合わせると1400店舗以上あります。

スポンサーリンク

りそな銀行のコンビニやATM・窓口での振込手数料は?

りそな銀行のATMでの振込手数料は同一支店でカードがあれば無料ですが、それ以外は振込手数料がかかります。

コンビニのATMを利用した場合にも利用手数料がかかります。

基本的に平日の8:45~18:00までは108円、それ以外は216円です。

また、窓口を利用すると、振込手数料は540円~864円とATMに比べて割高になります。

りそな銀行のネットバンキングを利用すれば、24時間ずっとりそな銀行間であれば振込手数料は無料です。

また、他行であっても他の方法よりも安く済みます。

さらにりそな銀行ではステータス制度があり、この制度のランクによっては他行への振込であっても手数料が無料となる場合があります。

りそな銀行のステータスは、

スタンダードパールルビーダイヤモンド

とランクアップしていきます。

このランクは取引金額などによって変動します。

ランクによってATM利用料や他行への振込手数料が無料もしくは半額になります。

りそな銀行の住宅ローンの金利は?

りそな銀行の住宅ローンは全期間型と当初型があります。

毎月の返済額を低く抑えたい方は全期間型、将来の金利変動リスクを見据えて一定期間安定した返済プランを立てたい方は当初型がおすすめです。

りそな銀行は金利を引き下げる条件には

①りそなカードやマイゲート、りそなVisaデビットカードのいずれかを利用している方

②給与振り込みまたは公共料金引き落としを利用、申し込んだ方

となります。

さらにりそな銀行の住宅ローンのメリットは病気やけがで所定の状態になった場合、仕事をしていてもしていなくても住宅ローン残高が0円。

さらに女性向けローン凛nex利用なら万が一けがや病気で就業できなくなった場合には住宅ローンの月々の返済額をこのローン保険でカバーしてくれます。

りそな銀行のカードローンは来店不要。

インターネットでいつでも申し込みが可能です。

また、りそな銀行のキャッシュカードを使用してローンのサービスを受けられるというのも大きな特徴です。

何枚もカードを保有する必要がないので管理が楽ですよね。

「りそなクイックカードローン」は金利は年9.0%~12.475%で最大で200万円まで融資が可能になります。

正社員や毎月安定した収入が見込める方は「りそなプレミアムカードローン」もオススメ。

プレミアムカードローンの場合は3.5%~12.475%とクイックカードローンに比べて金利は低く、最大で800万円まで融資可能なコースも用意されています。

りそな銀行のマイゲートとりそなクラブ

りそなクラブとは、りそな銀行で取引を行うことでポイントを貯めていくことが可能なサービスのこと。

貯まったポイントを提携するパートナー企業のポイントやマイルに交換することもできます。

ポイントを貯める方法はたくさんあり、給与の受け取り、投資信託の購入、外貨預金、りそなVisaデビットカードの利用など様々です。

ステータスがダイヤモンドの場合、ATM手数料、振込手数料無料などの優遇特典を受けることが可能。

パールの場合はりそなグループのATMとサークルK・サンクス・ファミリーマートに設置してある「バンクタイム」のマークのあるATMなら入出金は無料でできるようになります。

マイゲートとはりそな銀行が提供しているインターネットバンキングの名称。

大きな特徴はマイゲートを利用した場合に、りそなグループ本支店間の振込手数料が無料となるところです。

また他行あての振込の場合も、ATMから振込した場合の手数料は432円と結構高いですが、マイゲートを利用した場合は216円と安く、ATMの半額の手数料で済みます。

マイゲートではウィルス対策、暗号化、ワンタイムパスワードによるセキュリティ対策も万全。

もし万が一、他人に不正使用された場合は最大で300万円の補償をしてもらえる「マイゲートあんしん保険」も無料で自動的に加入することができるので安心ですね。

スポンサーリンク