スポンサーリンク

三井住友銀行のATMの振込手数料や営業時間

ATM

三井住友銀行のキャッシュカードを持っている方は多いかと思いますが、振込手数料はどのくらいかかるかご存知でしょうか。

三井住友銀行のATMから利用した場合やネットバンキング、現金での振込の際の手数料について調べてみました。

スポンサーリンク

三井住友銀行の手数料

三井住友銀行は他行と同じく振込の際に手数料がかかります。同銀行の場合には手数料や比較的安いのですが、別の金融機関への振込は倍近くかかります。

これは三井住友銀行に限りません。

三井住友銀行は受取口座と窓口が同一支店の場合、窓口またはATMから現金で振込をすると3万円未満は216円、3万円以上は432円かかります。

ですが、受取口座つまり振込先が振込元窓口と同じ支店であるということはあまりないですよね。

その場合、窓口だと3万円未満が324円、3万円以上は540円かかります。

三井住友銀行同士で別の支店の口座に振り込む場合にはATMもしくはネットバンキングを利用したほうがお得です。

ただ、キャッシュカードさえあれば個人の場合、支店に関わらず同一で3万円未満は108円、3万円以上は216円です。キャッシュカードを持っている方がほとんどだと思いますのでよほど高額でない限りは窓口での振り込みは損な気がしますね。

三井住友銀行のSMBCダイレクト

三井住友にはパソコンから振込ができるSMBCダイレクトがあります。

ネットバンキングを利用すると他支店への振込は一律108円ですから大変便利です。

ネットバンキングを利用するには最初に登録が必要で面倒と思うかもしれませんが、一度登録してしまえばよく利用する振り込み先を登録できたり、営業時間に関わらず手続きがとれたりと便利なのでおすすめです。

ネットバンキングと聞くとパソコンのウイルスで個人情報を抜き取られるのではないか、パスワードがバレて不正利用されるのではないかと心配する方もいるかもしれません。

最近は対策としてワンタイムパスワードを採用していたりとセキュリティも強化されています。

さらに利用者自身でこまめにパスワードを変更するなどすれば、不正利用などのリスクも大分軽減できますよ。

三井住友銀行から他行へお得に振り込む方法

ネットバンキングを利用すると、他行宛でも216~324円の手数料で済みますから登録しておいて損はありません。

ちなみにATMでも他行への振込手数料はネットバンキングと一緒でした。

イーネットやセブン、ローソンなどのATMを利用した場合には、振込手数料とは別に利用手数料がかかります。

平日の営業時間内(8:45~18:00)であれば108円、営業時間外もしくは土日祝日の場合には216円かかります。

ちなみにコンビニなどのATMの場合、カードローンやSMBCポイントバックの条件を満たしていると利用料が無料になる場合があります。

振込手数料は銀行によって異なりますが、どこもATMよりもネットバンキングのほうが安くなる場合が多く、残高が一定以上あると他行への振込手数料が無料になることもあります。

振込手数料やATM利用料もバカにはできません。できるだけ他行でも無料になる特典がある口座を作ることをおすすめします。

一番のおすすめは楽天銀行やじぶん銀行などのネットバンクです。

振込手数料が一定回数無料となるだけでなく、金利も都市銀行に比べて格段に高いので預金しておくにはもってこいです。

ネットバンクと一言でいっても種類はたくさんあり、楽天ポイントを貯めたいなら楽天銀行、au利用者ならじぶん銀行というように用途にあった銀行の口座を一つ作っておくと便利です。

スポンサーリンク