スポンサーリンク

五月病の症状と対策!子供と大人の違いは?主婦も注意

五月病

五月になると、なんとなく気分が落ち込む、疲れやすい、仕事や勉強、家事などに集中できない、眠れないといったスランプ状態に陥ることがあります。

この症状を「五月病」といい、ゴールデンウィーク明けからこの症状に陥る方が多くいますが、五月病になったらどうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

五月病の症状

4月に仕事や学校、転居などで環境が変わり、新しい環境の変化についていけない焦りやストレスが体の症状となって出てきます。

やる気が出ない、仕事に行きたくない、不安やイライラなどの精神的な症状だけでなく、不眠や、食欲不振、めまいや動悸などの身体的な症状が現れることもあります。

五月病になるのは環境が変わった新入生や新入社員の中でも、

  • 完璧主義で物事にこだわりがちな人
  • 真面目で責任感が強い人
  • 内向的で控えめな人
  • 過保護に育てられた人

が特に発症しやすいといわれています。

完璧主義者や内向的な方は新しい環境に馴染もうと頑張りすぎたり、できなくて当然なのに完璧を目指して疲れちゃうんですよね。

五月病は正式な病名ではありません。

心療内科などで診断される場合には「適応障害」や「うつ病」と名前がつくことが多いですが、五月病は一時的なもので時間が経てば自然と回復していきます。

うつ病や適応障害と診断されると薬が処方される場合がありますが、一時的なものであれば薬の世話にはなりたくないですよね。

五月病の予防や対策

五月病の予防や対策には気分転換やリラックスをすることが一番です。

  • 趣味やスポーツに打ち込む
  • 睡眠時間を多めにとる
  • 好きな音楽を聞く
  • アロマなどリラックスできる香りを嗅ぐ
  • 友人や先輩などに、悩みや愚痴を聞いてもらう

など、とにかく自分が好きなことを楽しむ必要があります。

また頑張ったけど誰も褒めてくれない、失敗が続いて自分に自信がもてなくなったという方はノートに自分の褒め言葉をたくさん書いたり、嫌なことを大きく書いて破り捨てるというのも個人的にはおすすめです。

これでも気分が乗らない、やる気もでない、というようであればうつ病の可能性もあるので近くの心療内科や精神科に相談してみたほうがいいかもしれません。

五月病に子供や主婦がなる理由

五月病になるのは大学生や社会人だけではありません。

子供や主婦も五月病に陥ることがあります。五月病には年齢性別は関係ありません。

子供の場合はクラスにうまく馴染めないということが大きな原因であることが多いので、子供の口数が減ったり、学校に行きたがらないという態度が出たら話を聞いてあげましょう。

誰にも話せない悩みを一人で抱えているかもしれません。

また、主婦も注意が必要です。

これは専業かどうかは関係ありません。自分のことだけでなく、家族や家庭に気を配り過ぎて無意識に頑張り過ぎている方も多いんです。

この時期は子供が学校、旦那は仕事に馴染むことが精一杯になりがちなので主婦を気遣ってくれる人は少ないので、同じ環境のママ友や学生時代の友人に会ったり、エステやお出かけをしたりと気分転換が必要です。

主婦の方もたまには自分のことも労ってあげてくださいね。

うつ病チェックシート(うつ病こころとからだへ)
スポンサーリンク