スポンサーリンク

狂犬病の予防接種のワクチン料金・時期・期間

犬を飼っている方は狂犬病の予防接種を受けることを義務付けられていますが、予防接種のワクチン料金や期間についてや副作用など気になることはたくさんありますよね。

犬と一緒に暮らすうえで必要な狂犬病の予防接種について必要なことをまとめてみました。

スポンサーリンク

狂犬病のワクチン

犬を飼う場合、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村に畜犬登録の申請をし、鑑札の交付を受けるのが義務となっています。

この”取得した”というワードが家族同然であるペットに対してちょっとひっかかりますが、そこはさておき、犬を飼うことになったら約1ヶ月の間に自治体に申請しなくてはいけません。

この後に狂犬病の最初の予防接種を受けることになります。

厚生労働省のHPによると、

狂犬病ワクチンの接種時期は年に1回接種する期間は4月から6月と記載されています。

狂犬病のワクチンの時期と副作用

自治体に申請すると、翌年から狂犬病ワクチン接種のハガキが春に届くのでこの時期になったらチェックが必要ですね。

定められた日に行くことができない場合には近くの動物病院で受けることもできます。

予防注射を受けた後は注射済票の交付が必要となります。これが狂犬病のワクチンを受けたことの証明になります。

狂犬病予防接種の料金は、ワクチンが2000円~3000円、注射済票の発行で550円ほどで毎年約3000円~4000円かかります。

ただ、動物病院によって狂犬病の予防接種に必要な料金は異なりますので、各自病院で確認するか自治体の集団予防接種に参加されることをおすすめします。

ワクチン接種を受けた場合に副作用が出る場合があります。

副作用が出やすい犬は生後1ヶ月、老犬、小型犬などで、症状は食欲低下や発熱、下痢や嘔吐など様々です。

予防接種を受けた後は愛犬の様子をしばらく観察するようにしましょう。

狂犬病のワクチンをする理由

狂犬病は人に感染すると致死率100%という恐ろしい病気です。人は犬に噛まれて感染することが多いですが、猫や馬、牛など哺乳類すべてに感染します。

日本では昭和32年に猫が発症したのを最後に狂犬病は発生していません。しかし、世界では狂犬病で何万人もの方が亡くなっています。

狂犬病が発生していない国は日本やイギリス、オーストラリアなど他の国と離れている国ばかりですが、いつどこから日本に入ってくるかも分かりません。

現在は発生していないとはいえ、一度発生したら拡大するのもあっという間という恐ろしい病気なので、国で予防接種を受けることを義務付けられているんですね。

犬の場合、感染すると2週間から2ヶ月ほどで発病し、凶暴化します。

狂犬病は犬に噛まれることで人に感染します。感染の可能性がある場合はすみやかにワクチン接種による治療が必要となりますが、発症してしまうと治療法はありません。

潜伏期間は2週間から80日ほどで、発病すると発熱、頭痛、全身倦怠、嘔吐などの不定症状で始まり、かまれた部位の異常感覚があります。そして、筋肉の緊張、幻覚、けいれん、嚥下困難などが起き、やがて死に至ります。

狂犬病の恐ろしさが分かりますね。

面倒だから、値段が高いからと疎かにするのではなく、ペットは家族同然。自分の子供と同様に飼い主が責任を持って予防接種を受けさせてあげてくださいね。

狂犬病(厚生労働省)
スポンサーリンク