スポンサーリンク

ビッグエコー

最近は、若者からお年寄りまで、幅広い世代の人が気軽にカラオケを楽しめるようになりました。

ただ歌うだけではなく、顧客のニーズに対応するためにカラオケ店も変化してきています。

今回は、時代の変化に応じて様々な戦略を打ち出しているビッグエコーについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

店舗・営業時間・料金(時間制とフリータイムの違い)

ビッグエコーには様々な種類の店舗があります。

以下はその一部です。

  • BIG ECHO…フード・ドリンクメニューが豊富。おしゃれな部屋もあり大人に人気。
  • ビッグエコー…飲み放題メニューが充実。カジュアルに使えて学生に人気。
  • 祭一丁&ビッグエコー…居酒屋メニューが充実。小学生以下は室料無料。
  • ハッピーパーティー…飲食の持ち込みができるセルフカラオケ。1オーダー制なし。

料金や営業時間は各店舗によって違いますので、ホームページで確認するか直接店舗にお問い合わせください。

注意しなければいけないのは、1人で行く場合です。

店舗によっては1人で行くとかなり高い料金になってしまいます。

例として、西梅田店の料金形態を見てみましょう。

【1人30分の室料】※1ドリンクオーダー制

  • OPEN~19時
月~金 土・日・祝
学割 100円 150円
会員 250円 290円
一般 320円 390円
ひとりカラオケ

(会員の場合)

375円 435円

  • 18時~CLOSE
日~木 金・土・祝前
学割 300円 360円
会員 430円 490円
一般 540円 620円
ひとりカラオケ

(会員の場合)

645円 735円

【1人フリータイムの室料】※1ドリンクオーダー制

  • OPEN~19時
月~金 土・日・祝
学割 480円 580円
会員 1050円 1150円
一般 1300円 1400円
ひとりカラオケ

(会員の場合)

1575円 1725円

  • 23時~CLOSE
日~木 金・土・祝前
学割 1350円 1600円
会員 1780円 2110円
一般 2200円 2580円
ひとりカラオケ

(会員の場合)

2670円 3165円

一番安い時間帯は平日の昼間ですね。また、5時間以上利用する場合はフリータイムの方がお得と言えるでしょう。

会員登録方法、登録時の料金(メリット)、クーポンの入手方法

先ほどの料金を見ても分かるように、会員になればお得な価格でカラオケを楽しめます。

年会費は無料ですが、入会金500円(税抜)が必要です。

100円につき1ポイント付与され、100ポイントにつき500円の割引が受けられます。

有効期限は、最終利用日より1年間です。

ビッグエコーには様々な割引サービスがあります。

・JAF会員、auスマートパス会員…室料30%OFF

・dポイント会員、イオンカードの提示、JP BANKカードの提示…室料30%OFF、ドリンクバー飲み放題付コース利用時10%OFF

・子育て支援の優待サービス…室料10%OFF、ドリンクバー飲み放題コース利用時5%OFF

その他にも、ビッグエコーのホームページからクーポンを入手できますよ。

フードやドリンクメニュー、持ち込みは可能か

原則として飲食類の持ち込みはできません。

持ち込みが可能なセルフカラオケ(ハッピーパーティー)もありますが、現在のところ全国に3店舗しかありません。

店内のメニューにはグランドメニューとパーティーメニューがあります。

ピザやパスタ、揚げ物、麺類、デザートなど様々な種類の食事が用意されています。

ドリンクも、ビールやカクテル、ノンアルコールドリンクなど充実しています。

値段は各店舗によって異なります。

パーティーメニューは、一律2000円で前菜からデザートまで楽しめます。

しかも、3時間の室料込みの値段となっており、かなりお得なコースとなっています。

更に、16時までに開始すれば5%OFFになります。

予約については各店舗によって期限が違いますのでご確認ください。

>>ビッグエコー

スポンサーリンク