スポンサーリンク

GMOクリック証券

グラフ

日本のネット証券の1つであるGMOクリック証券株式会社は、GMOフィナンシャルホールディングスの100%子会社。

そんなGMOクリック証券の特徴について調べてみました。

スポンサーリンク

店舗・提携銀行・営業(受付)時間

GMOクリック証券は、常にネット証券のトップ1、2を争う手数料で取引を低コストで行う事が出来ます。

GMOクリック証券のNISA口座なら、現物株の売買手数料が永久的に無料になります。

GMOクリック証券は店舗を持たないネット専業の証券会社で、提携銀行には三井住友銀行、イーバンク銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、往信SBIネット銀行などがあります。

現物取引、信用取引の注文受付時間は、PC会員ページ、iClick株、株roidで6:30〜大引け(後場の最後の取引)迄と17:00〜翌日3:30迄になります。

その他のツールでは、7:00〜大引け(後場の最後の取引)迄と17:00〜翌日3:30迄となります。

口座開設・入金方法・手数料

GMOクリック証券のWEB上で、口座開設に必要な情報を入力し申込を行います。

申込完了後、マイナンバー、本人確認書類をアップロード、メール、FAX、郵送のいずれかで送付を行います。

マイナンバー、本人確認書類の提出が完了後、数日で正式な口座番号、ログインパスワード、取引パスワードが記載された「口座開設完了ご案内」が送られてきます。

口座開設完了のご案内を受け取れば、株の取引を開始する事が出来ます。

口座開設は無料で行う事が出来、1週間程の日数がかかります。

ログイン方法は、GMOクリック証券の公式サイトからログインボタンをクリックし、会員ページにログイン後ユーザーID、ログインパスワードを入力しログインをクリックし行います。

即座入金は、会員ページ画面にてPC、スマートフォン、モバイルからする事が出来、リアルタイムで反映され振込手数料は無料になります。

振込入金は、銀行窓口、ATMからGMOクリック証券が指定する入金用銀行口座に振込みを行います。

現物取引では、1注文特定代金10万円まで95円、1注文100万円超〜150万円まで570円の手数料がかかります。

信用取引では、1注文特定代金500万円以下は100円の手数料がかかり、1注文特定代金500万円超では手数料は無料になります。

金利やキャンペーン、アプリ

信用取引では、制度信用買方金利が年率2.1%で信用取引される全ての方が対象となります。

新規で証券口座を開設された方に、現物取引手数料が最大3ヶ月無料になるキャンペーンがあります。

やさしい株のはじめ方で口座開設プラス取引を1回以上された方の中から、抽選で3,500円がプレゼントされます。

LASER TRADEはインストールが不要でクリックだけで注文が出来、チャートからも注文が可能です。

スーパーはっちゅう君はフル板対応で信用取引でもスピード注文が出来、30のテクニカル指標で分析を協力サポートします。

iphoneアプリのiClick株とAndroidアプリの株roidは心地よい操作性のスマホアプリで、直観的なチャート操作が出来、慣れると手放せないきめ細やかなウォッチリストです。

たくさんの情報も快適操作で簡単にチェックする事が出来ます。

スポンサーリンク