スポンサーリンク

大和証券

グラフ

大和証券は大和証券グループ本社の子会社である証券会社です。

大和証券グループ本社の子会社は大和証券の他に、大和証券投資信託委託、大和総研、大和ネクスト銀行などがあり、日本国内では野村證券についで業界2位の証券グループの持株会社となります。

大和証券と言えば、大手の証券会社として非常に知名度が高いのが特徴です。

スポンサーリンク

大和証券店舗

大和証券は日本の店舗型5大証券会社の1つで、全国47都道府県に140を超える支店があります。

創業110年という長い歴史があり、商品ラインナップも充実しているのが特徴ですね。

店舗の場合、営業時間は窓口が8:50~15:30、ATMは8:50~18:00です。

店舗によって異なる場合があるのでご確認ください。

オンライントレードと投資信託

大和証券も最近、オンライントレードにも力を入れています。

信用取引の手数料と買方金利が安いというのが、大和証券の大きな特徴です。

そして、個人投資家向けにスマートフォンでもトレードを行うことが出来るように、インターネットを活用したトレードの方法の導入に力を入れる証券会社が増えてきています。

ダイワ、ジャパン・エクセレントなどの複数のファンドを扱っています。

株式委託手数料はコースによって異なります。

取引の手数料は他のネット証券に比べると高い傾向があります。

しかし、インターネットセミナーやネット図書館といったサービスが充実しており、これらが無料で閲覧できるのは大きなメリットです。

また、基準価格はファンドによって異なりますが、7,000~10,000前後のようです。(2017年11月時点)

ダイワATM手数料

大和証券ネットバンクでは、自分名義の講座であれば月に何度でも手数料無料で送金が出来る仕組みが導入されるなどの仕組みが盛り込まれています。

また、ATMは大和証券店内や提携のコンビニや銀行ATMが利用可能です。

大和証券のATMは平日のみで手数料無料ですが、コンビニや他行の場合は時間帯によって手数料がかかります。

利用可能額は1,000円以上 1,000円単位、出金上限は1口座あたり200万円までとなります。

商品が豊富で魅力的な大和証券を利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク