スポンサーリンク

Pontaカード

ローソンやガソリンスタンドなどで利用できる、たぬきのキャラクターが特徴的なPontaカード。

作り方から使い方までをまとめました。

スポンサーリンク

Pontaカードの作り方と再発行

Pontaカードを作るには、ローソン店舗で申し込みをしてカードを受け取り、その場でLoppiに登録を行う方法とインターネットで登録し家まで無料で届けてくれる方法があります。

Pontaカードは発行料金、年会費や入会費がかからず無料で簡単に作る事が出来ます。

Pontaカードには、オリジナルPontaカード、ローソンPontaカード、ゲオPontaカード、セカンドストリートPontaカード、サカイ引越センターPontaカード、おさいふPontaカードがありそれぞれにデザインが異なります。

Pontaカードは、ローソン、ゲオ、昭和シェル石油、ケンタッキー、ピザハット、カラオケ本舗まねきねこ等で使う事が出来ます。

Pontaカードでは登録手続きが完了していて、使用可能な状態になっていれば提携店舗の店頭やインターネット上のサービスを利用する事が出来ます。

Pontaカードを紛失した場合は、カスタマーセンターへ電話し利用停止手続きを行って下さい。

再発行にはカスタマーセンターへ電話し、カードを自宅まで再発行してもらう方法と、ローソンの店舗でPontaカードをもらいカスタマーセンターへ電話し、もらってきたPontaカードへポイントを移行してもらう方法があります。

Pontaカードのポイント

ローソンでは100円(税抜)ごとに1ポイント、ケンタッキーでは200円(税抜)ごとに1ポイント、昭和シェル石油では1リットルごとに1ポイント、給油以外のお買い物で100円(税抜)ごとに1ポイントをPontaカードで貯める事が出来ます。

支払いの時の端数をPontaカードのポイントで支払う事や、提携しているお店でポイントを使う事が出来ます。

ローソンの店頭にあるLoppiで、お試し引換券と交換し対象商品をもらうこともできます。

貯まったポイントはローソンなどで買い物をした時のレシートやローソンの店頭にあるLoppiで確認する事ができます。

また、Ponta webからでも確認が可能です。

ポイントの有効期限は、最終ポイント加算日またはポイント利用日から1年になり、カードに有効期限はないようです。

ローソンで 新しいPontaカードをもらい、カスタマーセンターへ電話をするだけでポイントを移行する事が出来ます。

おさいふPontaのチャージ方法

おさいふPontaは、PontaカードとJCBプリペイカード機能が付いたカードで、JCBマークのついている店舗で利用する事が出来ます。

おさいふPontaサイト、ローソンの店頭にあるLoppi、おさいふPontaのデスクで登録を行う事で使用が可能になります。

おさいふPontaにはローソンの店頭で現金のみチャージをする事が出来、マイページやオンライン専用のWEBでクレジットからチャージする事も出来ます。

ローソンでは1回につき1,000円以上1円単位で30,000円までチャージする事が出来、チャージ上限は月額累計で10万までとなります。

クレジットカードでチャージをする場合は1回につき216円の手数料がかかりますが、セゾン・UCカードのみ手数料はかかりません。

クレジットカードの場合は手数料のかからないカードを利用するといいですね。

スポンサーリンク