スポンサーリンク

アップルペイの使い方

アップルペイとは、iphoneやApple Watchを使った電子決済サービスのことで、手持ちのSuicaカードやクレジットカードの情報をiphoneに取り込んで利用する事が出来ます。

スポンサーリンク

アップルペイの使い方・設定

アップルペイで対応しているモバイルSuicaやANA Skipサービス、JAL タッチ&ゴーサービス、iD、QUICPayをiphone取り込む事により、交通機関での支払いや買い物の支払いをiphoneで行う事が出来るようになります。

アップルペイを登録できるカードには、SuicaやiDを利用できる三井住友カード、イオンカード、dカード、ソフトバンクカードがあります。

他にも、QUICPayを利用できるJCBカード、楽天カード、オリコカード、三菱UFJニコスカードなどがあります。

インターネットアプリに対応したクレジットカードは、JCB、Mastercard、アメックスのみになります。

コンビニでアップルペイを使う時には、「iDまたはQUICPayで」と店員に伝えた後、Walletアプリを起動し支払いを行います。

Suicaでの支払いに対応している店では、「Suicaで」と伝え、iphoneでタッチをすれば使う事が出来ます。

iphoneでタッチを行うだけで電車に乗る事が出来、空港ではiphoneをかざすだけでスムーズ搭乗する事が出来ます。

買い物をする際もiD、QUTCPay対応の店ならば、支払いをiphoneで行う事が出来ます。

アップルペイのチャージ

現金でチャージをする場合は、Suicaチャージ可能な店舗で行う事が出来ます。

アップルペイには、Suica以外にも複数のカードを読み込めますので、チャージ元のクレジットカードを登録しておけば、iphone内でチャージする事ができます。

チャージの上限はなく手数料はかかりません。

アップルペイでは、WalletアプリからSuicaに1円単位でチャージする事が出来ますが、パスモやナナコにチャージする事は出来ません。

楽天カードでは「QUICPay」加盟店での利用と、アップルペイ対応アプリ内web上でのオンライン決済でも利用が可能で、Suicaをチャージする事も出来ます。

アップルペイの設定方法

アップルペイの設定方法は、iphoneのWalletアプリを起動し画面に沿って手続きを行いますが、設定をせずにアップルペイを使う方法はないようです。

クレジットの登録はiphoneを置いて、クレジットの券面をスキャンするだけで行う事ができます。

Suicaの利用を始めるには、SuicaカードやSuica定期券をiphoneに乗せるだけで自動的にデーターを読み取り利用が可能になります。

アップルペイで設定したクレジットカードの登録を解除する場合は、iphoneのWalletとApple Payをタップし、登録したクレジットカードをタップし「カードを削除」をタップすれば解除されます。

クレジットカードの登録と削除は何回でも行う事が出来、クレジット会社からの連絡はありません。

Suicaを解除する場合は、Walletアプリを起動し解除したいSuicaを表示し、「カードを削除」をタップすれば解除されます。

スポンサーリンク