スポンサーリンク

郵便局の年賀状の期間や丸投げサービス

郵便局で販売される年賀状。

販売期間や時間などの詳細をまとめてみました。

スポンサーリンク

年賀状の郵便局の販売期間や時間

年賀状が発売される期間は、例年11月1日前後~1月10日前後になります。

発売日は差ほどばらつきはありませんが、終了する日にちはかなりばらつきがあります。

ちなみに、2017-2018年は11月1日~1月5日までになります。

郵便局で年賀状の購入する場合、窓口営業時間である平日9時~17時までとなります。

※もっと長く営業している郵便局もあります

土日休日は基本取引をしていませんので購入不可能となります。

しかし、大規模な郵便局に限り、土日休日に通常の窓口またはゆうゆう窓口を営業しています。

営業時間はそれぞれ異なりますが、これらの営業時間内であれば、深夜または休日であっても購入可能です。

また、コンビニや文房具店、スーパーで購入する場合は店舗の営業時間内であれば可能です。

24時間営業のコンビニであれば期間内であれば時間を問わず購入できますね。

郵便局の年賀状受付は12月15日からになります。

年賀状の受付日は例年、曜日に関係なくこの日であるようです。

そして、ポスト投函期間、または窓口受付の期間は、12月15日~1月7日までです。

年賀状は普通、「松の内」と言われる期間内で出さなければなりません。

松の内が通常1月7日までですから、この日までが年賀状の投函期日となります。

ただ、地域によって1月14日までという場合もありますので、ご注意ください。

年賀状のデザインの種類は?

取扱のある年賀状のデザインの種類も様々です。

  • 単面無地
  • 四面連刷
  • 寄附金付き絵入り
  • スヌーピー
  • ディズニーキャラクター
  • ハローキティ
  • いろどり(うぐいす)
  • ウェブキャラクター年賀
  • 広告付 飯館村
  • 広告付 株式会社ベルーナ
  • 広告付 円福寺

……等々

シンプルなものからキャラクターデザインのものまで複数取り扱っています。

人気なのはキャラクターものですが、干支のシンプルなものや自分で印刷できる無地のものも流行り廃りがありません。

年賀状の宛名印刷の値段は?丸投げサービスとは?

郵便局で年賀状の宛名注文をすると、

基本料金1,080円+枚数×30円

となります。

例えば、30枚注文した場合は1,980円となります。

丸投げサービスとは、「郵便局総合印刷サービス」のことであり、年賀はがきの絵柄印刷を選ぶだけですべて印刷してくれるというサービスです。

郵便局窓口またはWEBからお申込みできます。

ちなみに、年賀状以外の喪中はがきや寒中はがきなども取り扱っています。

料金は申し込むはがきのデザインの種類によって異なります。

スヌーピーやキティなどのキャラクターものからシンプルなものやスタイリッシュなものまで様々です。

キャラクターデザインのキティちゃんの場合、1~10枚の注文で6,570円です。

これに別途はがき代金がかかります。

さらに、宛名印刷を重ねて頼むと別途1,080円+枚数×30円がかかります。

ただし、早割というキャンペーンやWEB割引をすると少し安く購入することができます。

デザインの種類は豊富なので、気に入ったデザインが見つかると思いますよ。

スポンサーリンク